読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

前略、バスの中から

通勤バスの中で書く日記

海外に居るだけじゃ外国語は喋れるようにならない!

【スポンサーサイト】

私は今、海外で働いている。この国の公用語は英語ではないが、私のいる会社の人たちはみんな英語が話せるため、仕事は英語半分、その国の言葉半分で行っている。

昔良く、海外に住めば英語(または他の外国語)が話せるようになる、と聞いた。それを信じて、海外生活を送っていたが。。。全然喋れるようにならないじゃないか!

正確には、(住んでいるだけでも)ある程度までは上達するが、自分の気持ちを伝えたり、交渉したりするレベルまでは全然いかない。私の結論は「やっぱり勉強しないと上達しない」ということになりました。

これはもちろん私の知能指数によるところも大きいと思うが、そしてどの程度までの上達を望むかに依るのだが、普通に外国語で友達と楽しく会話できたり、不自由なく仕事ができたりするようになるには、海外に居るだけじゃだめで、勉強しなければいけないと思った。

もう少し、どうしたら外国語を習得できるかを私なりに考えたことを書くと、まずインプット(例えばテキストで勉強)して、そしてしっかりアウトプット(会話するとか文章を書くとか)することが大切だと思います。ありきたりな意見ですが、本当にそう思ったから。特にアウトプットは大切、インプットしたものがしっかり自分の知識になっているか、現場で使えるかを知ることができるから。そういう意味で、海外に住めばアウトプットする機会は日本にいるより多いので、上達も早くなると思いますが、やはり海外にいても自分で意識してインプット・アウトプットをしないと、成長は途中で止まってしまいます。

それから、大人になると、言語を習得しにくいというのも良く効きますが、個人的にはそんなことないと思います。ただ単純にインプット・アウトプットが子供のほうが多いだけ。特にアウトプットの量が全然違います。大人だってしっかり両方の量、とくにアウトプットを増やせば子供と同じように言語習得できるはず。ただ、大人にはいろんなしがらみや恥じらいなんかがアウトプットの邪魔をするのもわかります。。だから余計にがんばってアウトプットの機会を作らないといけないんですけどね。

本記事でいいたかったことは、

  • 勉強しないと、海外に居るだけでは外国語を習得できないよ
  • 外国語を習得するためにはインプットとアウトプットが大事

でした。みなさんはどう思いましたか?

外国語を学ぶための 言語学の考え方 (中公新書)

外国語を学ぶための 言語学の考え方 (中公新書)