前略、バスの中から

通勤バスの中で書く日記

働いても働いても何も残らない・・・人生詰んだか?

【スポンサーサイト】

表題の通り、ここ最近は働いても働いても何も残らない人生を生きています。

稼いだお金は全て生活費と家族に消え、自分が小遣いとして使っているのは月5000円以下。同僚と飲み屋に行くことすらできません。リアルにここ3ヶ月は飲みに行ってない。

仕事としてはIT系エンジニアをしているのですが、この歳(アラフォー)になると、今使っている技術を極めてやろう的なモチベーションも薄れてきている。長時間働いているのは自分のためでなく会社のため、会社のために働いても何が残るわけでは無いことは知っている、でも働く。あーだこーだ理由をつけて、働かなければならないという解を無理やり導き出し、自分を納得させている。

自分自身には何も残らない、でも家族が満足しているならそれで良いという考え方もある。しかしそれもそうでもないようだ。私の状況を見て、気を使っているのか、子供達はわがままを言わない。逆に悲しい。

こんな人生になることは予想してなかった。たまに友人と飲みに行って愚痴を言っていた昔が懐かしくさえ思える。今ちょっとどうしたらいいか本当にわからず、迷子になっている。この状況を打破する策はないのか?

ということで、今日の通勤時になにかいい副業ないかなぁと調べた。。終わってるな。俺を満足させるのは結局金なのか?今の状況どころか、自分の行動にすら嫌気がさしてきた(笑)

まぁでも、何にもやらないよりましか。プライド捨てて、何か行動しよう・・・たぶん

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく