読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

前略、バスの中から

通勤バスの中で書く日記

国会には国会自体をアップデートするしくみがない【スマホで朝生】【AI】

【スポンサーサイト】

先日、「スマホで朝生」を見た。テーマは「AI」。朝生だけに田原総一郎さんの司会で番組が進んでいくわけだが、田原さん自身はAIについて詳しくないので、実質、堀江さんや落合陽一さんが主導権を握っていたという印象。

感想を一言で言うと、『めちゃめちゃ面白かった』。内容濃かったし、下手なバラエティ番組よりも顔がにやけてしまう場面がたくさんあった。落合さんの顔芸とか、落合さんの田原さんに対する態度とか、つまり落合さんが面白かったのか(笑)。

超AI時代の生存戦略 ~シンギュラリティ<2040年代>に備える34のリスト

超AI時代の生存戦略 ~シンギュラリティ<2040年代>に備える34のリスト

 

 書きたいことがたくさんありぎてまとめられないので、一つずつ書いていこうと思います。まずは印象に残った議論、国会について。若干AIから外れる議論もあったが、AIの本質である学習とかアップデートの観点から、国会は終わっていると思った。それは落合さんの発言

国会には国会自体をアップデートするしくみがない

に強く同意したからである。たしかに、国会は昔から同じフォーマットで進められている。あれだけ世間からムダを指摘されているのに全く改善されない。結果、現代で最も進歩の無い組織の一つになっていると私は思う。堀江さんの質問「あんな意味のない議論をしていて、誰か(国会を)変えようとか思わないの?」に反論できない国会議員、本当に終わってる。

さらにはインターネットやAIがインフラになりつつある現代に「有権者一人ひとり会いに行って直接話を聞くことが大事」と自民党議員の主張。一見印象の良い意見にも聞こえるが、そんなやり方でどれだけの国民の意見を聞きだすことができるのか?ネットやAIを使って一人でも多くの人の意見を聞き出して、それを基に議論したほうがよっぽど良いアイデアに辿りつくと思うんだけど。。

あとね、すごく気になったのが、みんなが「国会議員なにやってるの?やる気あるの?」って指摘したとき、彼らは「我々はみんなが見えないところで一生懸命がんばってる」って答えたこと。・・・新入社員がする言い訳じゃん。。

このスマホで朝生や橋下・羽鳥の番組に出てくる国会議員を見て、我々一般人との乖離の大きさに愕然とする。こんな人たちに何を期待しろというのか?堀江さんや落合さんのほうが、よっぽど日本のこと、世界のことを良くしようと考えている。国会議員達の「意味の無い正論・綺麗ごと」をなるほど~なんて聞いてる人に未来はないだろう。

あと、田原さんにこのテーマの議論は無理。何の関連も無い歴代首相のエピソードをぶっこんで来て、面白い議論を何度邪魔されたことか・・・(笑)朝生のイメージキャラクターなので仕方ないけど(笑)