読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

前略、バスの中から

通勤バスの中で書く日記

ヤバイTシャツ屋さんのMV「ヤバみ」に見る商売戦略

【スポンサーサイト】

先日、目下ブレイク中アーティスト・ヤバイTシャツ屋さんの新曲「ヤバみ」のMVがYouTubeで公開されました。気持ちいいギターリフと彼ららしい歌詞で、今の私の通勤用プレイリストでヘビーローテーションしています。


ヤバイTシャツ屋さん - 「ヤバみ」Music Video

このMVは沖縄で撮影されていて、エメラルドグリーンの海をバックにさわやかに歌っています。さらに、このMVの特徴として、一番が終わった辺りから彼らのフリートーク?が始まります。このトークがとても面白い!彼らの持ち味が詰め込まれたMVだなぁ、なんて最初は見ていましたが、実は、そこには音源を買わせるための戦略が含まれているようにも思い始めました。

トークは彼らの真骨頂

ライブ中の映像を見たことのある人はご存知だと思うのですが、関西のノリで会場を盛り上げてくれます。下の動画がライブ中のMCの映像。ボケて突っ込んで・・・漫才みたいですね

くそみたいなMC - ヤバイTシャツ屋さん

歌の上に乗せるフリートーク⇒歌をフルバージョンで聞くことができない

そんな訳で、トークをMVに入れるのは彼ららしいと思うのですが、当然、トークを乗せると肝心の曲が聞きづらくなります。この「ヤバみ」のMVも1番が終わるあたりからトークが入ってくるので、2番以降は曲のボリュームが小さくなります。

初見はトークが面白いのでよかったのですが、何度か聞いていると、(同じトークを聞くよりも)曲を聴きたくなります。・・・でも聞けない、トークが邪魔で。

そうです、これが戦略!曲をフルバージョンで聴きたければCDなり音源データを買わなければなりません。他のアーティストのようにYouTubeでフルバージョンは聞けません。

これはYouTuberのセゴリータさんも指摘しています。


ヤバイTシャツ屋さんのヤバみがシンプルにヤバすぎてヤバかった件【ヤバT カッティングギター】

これは良い戦略!

無料でフルバージョン聞けないのは残念だけど、彼らの持ち味(トーク)が入っていて、MV自体が曲とは別の意味を持った作品のように見ることができ、これはこれで良いですよね。本当に曲が好きな人は買えばいい。そうやってお金が落ちれば、アーティスト達ももっと良い曲が作れたり、精力的にLIVE活動もできますよね。

CDが売れなくなった!という声はよく効きますが、オープンソース化が加速している現代、それは仕方ない。音楽業界以外だって、どんどん既存のビジネスモデルが崩壊しています。だからこういう工夫をみんなしていかないといけませんよね。

本記事で紹介したヤバイTシャツ屋さんの「ヤバみ」は以下のCD『どうぶつえんツアー』に収録されています。初回限定はDVD付きです。

どうぶつえんツアー(初回限定盤)(DVD付)

どうぶつえんツアー(初回限定盤)(DVD付)